令和元年9月2日〜8日活動記録

今週も事務所スタッフと共に知事選のご報告を兼ねた朝のご挨拶運動とチラシ配りからスタートしました。また嬉しいことに遠く西会津から私の元秘書でもある荒海正人町議会議員が応援に駆けつけてくれました。9年目に突入した私の政治家としての原点でもある朝の活動。この朝活は様々なご意見を頂くこともありますし、多くの出会いがあります。思い起こせば9年前1人駅に立ち政策チラシを配っていると『私にも手伝わせてください!』と当時大学生だった青年が声をかけてくれました。その青年はそこから8年間ボランティアで私の秘書として政治活動を支えてくれました。今は地元に戻り今年の6月選挙に挑戦し見事初当選して西会津最年少町議会議員として地域の為に汗を流しています。その青年こそ荒海正人西会津町議会議員です。次世代に政治を繋ぐことも私の使命でありますので、若い青年が志を立てて政治家の道を選んでくれたことは大変嬉しく思います。今もインターン生を受け入れてますので、志を立てて門を叩いてくれるのをお待ちしております!

9月2日は先月行われた知事選挙において知事になられました大野元裕埼玉県知事が初登庁されました。16年ぶりに知事が交代した記念すべき日。私も会派の仲間とお出迎えさせていただきました。上田県政を継承発展させる為、是々非々の議論をしながら県民本位で県政発展の為共に尽力してまいります。初登庁後に新知事が各会派控え室にご挨拶に伺ったところ、上田知事が退任された時同様に自民党県議団の皆さんは1人も居なかったそうです。これから4年間県民の為の議論をするはじめての日に挨拶くらいはするべきだと個人的には感じます。日本の心「礼に始まり礼に終わる。」私はこの精神を大切に今後も活動していきます。

 

平日は地域要望を解決する為、現地を視察したり、事務所で打合せをしています。日中はまだ暑さが残っていますので、水分取りながら体調に気をつけて活動します。

 

木曜日は政経倶楽部 東京例会に参加して、ビィートランセフォールディングスの代表でこの政経倶楽部理事長でもある吉田たいら氏の講演に参加しました。千葉のローカル線「いすみ鉄道を再生したり、千葉知事選挙に挑戦するなどまさに波乱万丈の道を歩み続ける中で得た経験をお話しくださいました。冒頭には丸川珠代参議院議員が国政と報道についてお話しくださいました。お二方の話を聞き、何事も真念を持って感謝を忘れず行動することの大切さを学ばせていただきました。

6日金曜日は待ちに待ったラグビー🏉ワールドカップ本戦前最後の親善試合 日本代表対南アフリカ代表の試合を観戦しました。本戦の会場にもなる熊谷ラグビー場に高校でラグビーをやってる甥っ子と一緒に応援しました!結果は7-41で完敗でしたが、内容は一つのミスが点に繋がる緊張した試合になりました。前から6列目でしたが、フィールドで100キロ以上の筋肉マンが正面からぶつかり合うと『メチッ バキッ』と聞いたことない音が聞こえてきました。試合中はまさに命をかけたフィールドの格闘技でしたが、試合が終わるとノーサイドでお互いの健闘を称えあう姿に感動を覚えました。我々も場所は違えどノーサイドの精神で互いに健闘を称えあえる見ていても聞いていても気持ちの良い言葉の闘いをしたいものだと改めて感じました。

ラグビーに関してはまもなくはじまる本戦で日本代表の大暴れを期待したいと思います!

土曜日は早朝5時から実践倫理朝起き会その後場所を移し倫理法人会で倫理の学びを深めました。法人会では9月から木村会長体制で新たなスタートを切り、初回の講演を会長自ら行いました。ご自身の経験から倫理実践をしての気付きで得たものをお話しくださり大変勉強になりました。内容はもちろんのこと姿勢も声も非常に良く言葉を発することが生業の私としては大変学ぶことの多い例会になりました。来週の9月14日は、私が登壇しますので、お運び頂ければ幸いです。

土曜日、日曜日は各地で行われた敬老祝賀祈念式典に参加しました。

行田市は元気に歳を重ねて行ける土地柄であり、金婚夫婦が170組、100歳以上の方が46名もいらっしゃいます。先輩方の元気な姿を見てとても心強く感じました。県としても、いつまでもお元気でいていただけるよう予防医療に力を入れて健康寿命を伸ばして行ける政策に取り組んでいくように進言してまいります。私も先輩達を見習って夫婦揃って金婚を迎えられる様に健康管理に気を付けて仲良く歳を重ねてまいりたいと思います。

週末は妻と本庄東高校に通う息子の学芸祭を見てきました。軽音部の息子はドラムでバンドのメンバーと何曲か披露していました。いつのまにか成長しているもんだと感心しました。

夕方からは地区体育祭に向けて競技の練習会。昨年準優勝でしたので今年こそ優勝目指して頑張ります!

日曜日は朝から行田市消防団消防操法大会が開催され日頃の訓練の成果を競い合いました。地域の安全安心の為に仕事をしながら取り組んでくださる皆様に感謝申し上げます。

令和元年8月26日〜9月1日 活動記録

週明け月曜日から埼玉県議会 警察危機管理防災委員会の視察がはじまりました。

大宮駅から新幹線で一路盛岡駅へ。岩手県警察本部において「高齢運転に対する運転指導について」視察しました。昨今全国的にもアクセルとブレーキの踏み間違えによる事故が多発しており問題になっております。東京都などは「東京都高齢者安全運転支援装置設置促進事業補助金」として安全装備設置に9割の補助が出るなど対策が取られています。岩手県は全体の交通事故は減少傾向にありつつも高齢者による事故は増えている現状を踏まえ、ドライブレコーダーを貸し出し、記録された画像から個別に運転指導をしたり、VRや仮想運転システムを使い運転指導をしております。また免許を自主返納した方への支援を手厚くするなどハード、ソフト両面から安全対策に取り組んでいました。学びを活かして交通事故抑止の提言をしてまいります。

次に釜石鵜住居復興スタジアムで防災危機管理について視察しました。もうすぐはじまるラグビーワールドカップ🏉の会場にもなっている釜石復興のシンボルとして大きな期待が寄せられているスタジアムです。ここは釜石市立鵜住居小学校と釜石市立釜石東中学校があった場所で津波によって全壊浸水被害を受け学校は移設。その後復興計画「復興まちづくり基本計画」を策定し「将来の希望を創る個性的な取組の推進」を掲げ、スタジアムは復興のシンボル的役割を担っております。この鵜住居地区は歴史的にも複数の津波被害を受けていて地域住民は日頃から防災の意識が高く災害時には常に高い所へ避難するという訓練が徹底されていた為、海岸線に近い場所であるにもかかわらず鵜住居小学校と釜石東中学校の児童・生徒約600人は高台に避難して津波の難を逃れ、“率先避難”を柱とする津波防災教育の成果が出ていました。やはり平時に防災に対する意識を高め対策を取っておくことが何より重要であると感じます。

埼玉県は同じくラグビーワールドカップ開催地でもありますのでお互いに情報を共有しながらラグビーワールドカップの成功に向けて取り組んでまいります。そしてあの震災を忘れず、9年目になった今も復興は終わっていないことを認識し、日本全体で支援する気持ちを忘れてはならないと強く感じた視察になりました。

3箇所目は大鎚長役場へ。平野町長自ら我々をお出迎えくださり、現状についての説明をしてくださいました。東日本大震災で甚大な被害を受けた大槌町。震災直後、当時の町長を含む課長クラスの職員が全員行方不明になった為、行政機能が麻痺し、情報が伝わりにくく周囲から孤立する状況が続いたそうです。その後復興支援で日本全国から多くのボランティアや支援団体、行政からも出向で職員を派遣してくれた事には大変感謝をしておりましたが、現場では被災し家族とも連絡が取れないまま、混乱した市民との間に挟まれた大槌町の職員さんは、大変な苦労があったと仰っていました。当時職員だった平野町長も顔見知りの町民から『殺すぞ!』とまで言われたことを今でも忘れられずにいると言います。そんな中、支援に駆けつけてくる多くの人は『何をしたら良いですか?』と気持ちだけ先行して問いかけてくる。職員さんも出来るだけ対応はしようと駆け回っていましたが、自身も被害を受けている中で、冷静な判断で指示を出すことが出来ず、かえってプレッシャーになり、何も出来ないと職責に耐えきれず自ら命を絶つ方も少なくないそうです。今でも復興支援に来てくれる方々や出向職員も同じ様な苦労があると町長は仰っていました。被災時に支援に駆けつける場合は、無闇に気持ちだけ先行して何の準備もせず行くのでは無く、しっかり自分達が何が出来るのかをはっきりさせてから行くべきだと改めて感じました。そして被災から8年が経過し復旧復興作業がほぼ完了する令和元年。街も人もまだまだかつての状態になるには程遠い現状がありますが、被災から復興までの過程を教訓とし埼玉県でも防災減災、対応力強化の教訓にしなければならないと強く感じました。  

4箇所目は双葉警察署浪江分庁舎へ。災害時における県民の安全安心の確保について視察しました。

ウルトラマンに所縁のある福島ならではの取組みで「ウルトラ警備隊」を設置し、埼玉県からも新進気鋭の3名の警察官が出向しており日々地域の安全を守ってくれております。我々警察危機管理防災委員会の委員でもある神尾議長から埼玉県議会として感謝状を送らせていただきました。遠い地での職務は大変だと思いますが頑張っていただきたいと思います。

ここ浪江町は福島第1原発の事故により、避難指示が出され未だ解除されない区域もあり完全復興には先が見えない状態が続いています。一方で解除された地域には徐々に住民も戻って来ているようで、イオンスーパーなども開店しましたが、働く場所が少なく若い人達がなかなか戻って来れない事がこれからの課題になると感じます。被災地の最前線において治安の確保を行なってくださる皆様には頭が下がる思いです。埼玉県からの出向警察官の体験を活かして今後の治安維持の教訓にしてまいります。

3日間の視察でしたが内容の濃い視察になりました。今後に活かしてまいります。

8月30日…とうとうこの日がやってきてしまいました。

16年間ただただ埼玉県発展の為ご尽力くださった上田清司埼玉県知事が全ての職責を終え退庁されました。セレモニーには600名を超える職員、議員、何より県民が集まり上田知事の実績を称え労をねぎらいました。セレモニー前には会派室にもお運びくださり会派のメンバーと記念撮影。一人ひとりにもお声がけくださり、私は上田チルドレンとして恥ずかしくないように今後の議会運営に取り組むとお誓い申し上げました。

ただ一つ残念なことは、最後まで対決姿勢を崩さなかった自民党県議団の姿が無かったこと。空の自民党会派室を訪れた上田知事はどの様な思いだったのか…議会で戦い続けたからこそ、ノーサイドで最期くらいはお互いの今後に健闘を讃え合う姿が見たかったと個人的には思いました。

上田知事、本当にお疲れ様でした。そしてありがとうございました!

“令和元年8月26日〜9月1日 活動記録” の続きを読む

令和元年8月19日〜25日 活動記録

埼玉県知事選挙の週が明けました。月曜日はJR吹上駅

火曜日はJR行田駅から「投票に行こう!」と啓発活動を行いました。

秘書の田中さん、

新たに柿沼事務所に加わったインターンの中村君にもマイクを握ってもらい、選挙の大切さを訴えました。

はじめてマイクを渡されてすぐに喋れる度胸は素晴らしいと思います。若い方々にこれからも政治を担ってもらう為に中村君に頑張ってもらいたいと思います。

多くの方々にお声もいただき価値のある駅頭になりました。

まだまだお祭りも続きます。地元氏神様を奉る春日神社での夏季例大祭も盛大に開催されました。私も氏子の1人としてしっかりと地域の安寧を祈願して参りました。

地元東栄地区のお祭りも開催され、私の代わりに息子(高校1年生)が司会を務めてくれました。

また、由緒ある白山神社のお祭りにも参加させていただき、カラオケも一曲歌わせていただきました。

こうした地域のお祭りを老若男女揃って盛り上げることはとても重要な事だと感じます。若い方々やお子さんも多くご参加されていたのが嬉しかったです。

今週は時間が取れれば埼玉県知事選挙の応援に入りました。

街宣車に乗ってマイクを握り、川口駅や南越谷駅で演説をしながら、次の埼玉県のリーダーには、現職上田県政受け継ぎ発展させることの出来る、県民本位で政策を実行する『大野もとひろ』県知事候補に皆様の大切な一票をお預けください!みんなで新しい埼玉を作っていきましょう!と訴え続けました!

政治は無関心でいられても無関係でいられることは出来ません。政治を諦めることなく先ずは投票に行って政治参画をして参りましょう。

知事選の真っ只中ではありましたが、私の所属する「林英臣政経塾」の仲間が八街市で市議選で戦っていたので応援に入りました。まだ38歳ですが、5期目の挑戦。既にベテランの市議ですが気を抜かずに最後まで戦い抜いて良い結果を期待します。

23日には市役所市長室にて私の所属する無所属県民会議会派からお願いしていた県への予算要望を行田市にまとめてもらい、石井行田市長から直接受け取りました。しっかりと新知事に提出して取り組んで頂くように要望して参ります。

日曜日は朝から地元お祭りの櫓解体作業。二十代からお手伝いさせていただいていますが 毎年、高いところで作業できる人が少なくなって来ているので、若い私は頑張っていきます!(もう若く無いですか笑笑)

夜20時からは浦和の大野事務所にて知事選の結果を待ちました。

とうとうその時…22時12分 大野元裕埼玉県知事の誕生です!

候補者本人も会場に到着し、会場は熱気に包まれ『大野』コールが止まりませんでした!

大野新知事は、とにかく埼玉県の発展の為死力を尽くす!と力強く抱負を語ってくれました!

無所属県民党を貫きしっかりと埼玉県の舵取りをしていただけるよう是々非々の議論をしながら議員として支えて参ります。ご協力いただいた皆様ありがとうございました!

気になる全体の投票率は4年前と比べ5.68ポイント大幅アップの32.31ポイント!まだまだ低いですが投票率が上がったことは大変嬉しく思います。

我が町行田市は、

大野もとひろ 11,179票

青島けんた 9,708票で1,471票差で大野元裕候補の優勢でした。

確定後私の顔や為書きがテレビに映ったらしく、多くの支援者からお祝いの連絡いただき感謝申し上げます。その中で応援団長の上田清司県知事の姿が見えないけどどうしたのですか?と聞かれたので、私が聞いた理由を書かせていただきます。
上田知事は「これからは大野もとひろ県知事の時代だ。私が表に出る事は無い」と自ら遠慮したそうです。
選挙期間中公務をこなしながら真っ黒になって大野さんの応援をし続け、最終日まだ届かない事を知ると、朝から晩までマイクも使わず駅に立ち「大野モトヒロ候補をよろしく。」と訴え続けるその背中に感動せずにはいられませんでした。

このような人の為に死力を尽くせる政治家を目指し、大野新知事と共に新しい埼玉県を創造して参ります!

今後とも応援よろしくお願い致します!

令和元年8月12日〜18日活動記録

お盆に入り、家族で両家の先祖供養に出掛けました。

今、こうして生きて活動出来るのも祖先が居たから。先人に感謝して次世代に勇気と誇りある社会を受け継ぐ為しっかりと働くと誓って来ました。

16日の金曜日には、行田市駅北口の翔栄橋から、灯籠流しを行いました。私は小さな頃から母に手を引かれて同じ場所から灯籠を見送っていたので、懐かしい気持ちになりました。主催された行田市仏教会、遺族会、観光協会の皆様に感謝申し上げます。

土曜日には明治記念館で同じ会派の戸田市選出の金野桃子県議の結婚式に出席しました。

上田知事も来賓として挨拶なされて「金野県議は、見た目は穏やかだが、芯の通った素晴らしい政治家で大いに期待している。妻としても夫を支える素晴らしい家庭を築いていくでしょう。ただ家庭は夫が降伏した方が幸福なことが多い」としっかり笑いも取っておりました。優しい旦那様と末永く幸せになって欲しいと心よりお祈りしております。

日曜日には埼玉県知事選挙の期日前投票妻といってきました。

730万県民のトップリーダーを決める大きな選挙です。しかし残念ながら埼玉県知事選挙は低投票率で有名です。

政治は無関心でいられても無関係でいることは出来ません。皆さんの1票が埼玉の明日を切り拓きます。必ず投票に行ってください。今回期日前投票のポイントが大きく上昇していますので、このまま1人でも多くの方々に選挙に行ってもらえるように啓発活動を継続して参ります。

 

夜は先週に引き続き、納涼祭にお呼びいただきました。

夏の風物詩であるお祭りがこれからも大いに盛り上がって行くように私も微力を尽くして参ります。

令和元年8月5日〜11日 活動記録

熱い夏の熱い戦いがはじまります。

8月8日告示、8月25日が投開票の埼玉県知事選挙。

埼玉県民734万人のリーダーを決める選択の時。16年で様々な改革をして発展してきた上田県政を継承し発展させることが出来るのは一体誰なのか?

政治は無関心でいることは出来ても無関係でいることは出来ません。皆さんの1票で埼玉のこれからが決まります!

私は上田知事が応援団長を務める政治経験豊かな『大野元裕』さんを応援します。

皆さんも政策をしっかりと読み込んで必ず投票にお出かけください!

月曜日には市役所で石井市長と面会して、防犯関係の提案と学校関係の要望を提出してきました。

これからも行田市と県を繋ぐ架け橋となるべく市役所には通っていきます。

8月6日は実践倫理宏正会からスタート。広島にウラン系の原子爆弾が投下された日です。74年前に思いを寄せながら、絶対にあってはならない戦争の悲劇を繰り返さぬよう先人に誓いました。

その後長野ロータリーと時計台から朝の清掃&ご挨拶活動。真夏の日差しが照りつける中でしたが元気に挨拶させていただきました!

その後鴻巣に向かい上尾道路促進期成同盟会に顧問として出席しました。上尾道路の延伸は行田市にとっても非常に重要な事業なので、早期実現に向けて取り組んで参ります。

そして午後からは、大野元裕埼玉県知事候補と共に行田市内6カ所にてミニ集会を開催しました。

平日の暑い時間でしたが、多くの方に参加いただき熱心に話を聞いていただきました。感謝申し上げます。

柿沼の思いが伝わるようにこれからも継続して参ります。

水曜日は埼玉古墳公園の地元推進協議会総会に出席しました。埼玉県を代表する歴史的遺産をより多くの方々に発信して行くために地元と一体となって取り組んで参ります。

8日になり、埼玉県知事選挙がスタートしました。

私も大野元裕埼玉県知事候補と上田知事、仲間の地方議員と共に街宣車に乗り込み埼玉県内各地を遊説しました。

若い我々でも参ってしまうほどの暑さですが、候補者本人はもちろんのこと上田知事も全く休みなく有権者に訴え続けました。県民に思いが届くようにこれからも共に頑張ります!

金曜日には知事公館にて利根川新橋実現に向けての要望書を提出してきました。利根大堰の渋滞緩和や群馬と埼玉を結ぶ経済発展に繋がる幹線道路として実現出来るように要望して参ります。

夜は行田商工会議所青年部、市政委員会主催の行田市との意見交換会に委員として参加し、司会を務めました。

公務多忙の中ご出席いただいた、石井市長、商工観光課の森原次長、近藤推進幹に感謝申し上げます。民⇄官を繋ぐキッカケになる様に会を重ねていきます。

10日には大野もとひろ県知事候補 北部地区総決起集会が行田市教育センター『みらい』で開催され埼玉の将来像を候補者本人から聞くことが出来ました。

会場には、上田知事が応援団長として参加し、大野さんを応援する理由は、様々な知見と豊富な政治経験、未来を見据える政策と実行力に太鼓判を押して、これからの埼玉を担うのは「この人しかいない!」と力強く訴えていました。

大野元裕候補者本人からは埼玉を日本一の県に変えていった16年の上田県政を継承→発展する為に全力を尽くすと訴えていました。

私も会場に集まってくれた「県政躍進地方議員の会」の多くの仲間と共に壇上に上がり、地元県議として「のぼうの城」バージョンで檄を飛ばしました!行田市と埼玉県を繋ぐ架け橋となるべく、これからも邁進して参ります。

その後妻と二人で少し遅くなってしまった結婚式記念を祝いました。

高校の時から付き合い始めて今までずっと支えてくれている妻には本当に感謝しています。妻の大好きなライオンキングを観てこれからもよろしくお願いしますと伝えました。

土曜日は私の所属する林英臣政経塾の仲間である鎌倉市議の高橋浩司さんの結婚披露パーティーに参加しました。

幸せそうな御二方を見てこちらも幸せな気分になりました。末永くお幸せに!

今週もハードな一週間でしたが、ますます熱くなる戦いに身を投じ、突き進んで参ります!